生理痛を和らげる方法は○○!!!

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s 生理痛がある方にとってつらい毎月の生理日 「生理なんてなければ良いのに」 「面倒で痛いから嫌い」 「毎月来るのが怖い」   などと不快な思いが多いですね 「生理が大切」 と考えたことはありますか?   学校の授業で少しは習ったとは思いますが   意外と知られていないのが生理の働きです   生理が来るたびに   女性にとって嬉しい働きがあるんです   心と体にとって余分なもの
  塩分 水分 糖分 ストレス など
  を月経血と共に排出してくれるんです   生理の状態は、 生理を迎える1ヶ月前からの あなたの生活や心の状態が全てできます。 ですので生理は、あなたの心や体の状態を表すバロメータみたいなものなんです。    

目次

お医者さんで処方されていること

  女性の2人にひとりが生理痛があるといわれています。 生活に影響したり、普通の痛み止めでは効かなかったり あまりにひどいときは 一度、病院にいかれて検査されるのをおススメします。   生理痛が強いときは、もしかすると何かの病気が隠れているかもしれません。   *子宮内膜症 *子宮筋腫 などが考えられます。  

どんな検査をするの?

  まずは、病気がないかどうかの検査を超音波で調べます。 子宮筋腫や子宮内膜症があるかどうかの検査です。 子宮内膜症が疑わしいときはCA125(採決)という物質を調べていきます。 CA125の進行した子宮内膜症ですと、この物質が上昇します。 超音波検査は、子宮や卵巣に異常がないかも調べられます。   病院によって検査の違いがあるとは思います。  

何が処方されるの?

痛み止め

一般的な、イブプロフェンやロキソニンなどがあります。 病院でもらうロキソニンも薬局で買えるロキソニンも値段は違いますが、まったく同じです。  

ピル

痛み止めがあまり効かない人にはピルが処方されます。    

子宝整体にこられていたお客さまのA子さんの生理痛改善例

  中学生の頃から生理痛がひどく、毎回痛み止めの薬をのんでいた方がいました。 日常から腰痛や肩こりなどがあり、骨盤のゆがみもありました。 子宝整体の頭蓋骨や内臓の調整を2ヶ月くらい続けていた頃 いつもの生理の時の痛みが痛み止めの薬を飲まなくても良いくらいになりました。 もちろん、子宝整体を受けられて体を整えられていかれたのも 生理痛を和らげる一つの方法だったかもしれません。 それだけでなく、A子さんの普段の不規則な生活を生理痛をきっかけに見直して 過ごされたことが良かったのかと思います。 今まで無頓着だった身体のことや食生活を変えるだけでも確実に身体は変わります。 あなたの何気ない生活習慣見直して生理痛の痛みから解放してみませんか?    

生理痛を和らげるおススメの方法は?

  まずは、今のあなたの状態をみてみます。 生理がつらくなりやすい環境を作っていませんか?  
  • 身体を締め付けるような下着やストッキングなど普段身につけていませんか?
身体を冷やしたり締め付けたりするのは血流を悪くして良くありません。  
・普段の食生活は、スーパーやコンビニなどのお惣菜などで
 栄養も偏りがちになっていませんか?
・仕事の残業や夜帰りが遅かったりと不規則なリズムになっていませんか?
・運動不足など汗をかかない生活をしていませんか?
毎日の忙しい一日の中で自分の生活や身体のことなど、もしかしたら見失いがちになっているかもしれません。 自分自身の生活習慣や身体のことをよく観察してリストアップしてみてください。 いろいろと発見があり、生理痛が自分をよく知るチャンスになります。  

そもそも良い生理って

  • 4日間くらいで終わる
  • 日中の月経血の量より、夜は少ない
  • 生理痛、腰痛、頭痛ななし
  • 月経血はサラサラしている
  • 股間はむれない
 

ではつらい生理は

  • 生理が1週間以上続く
  • 夜も月経血の量が多く夜用ナプキンを使っている
  • 生理痛、腰痛、頭痛がある
  • 月経血に粘土がある
  • 股間が肌荒れする
  • 生理中は、痛み止め薬をのんでいる
   
  • 生理前の不調な時期をどうすごすのかがポイント

  女性の8割は、生理前になると何らかの不調を感じているといいます。 排卵期が過ぎて生理が」はじまる2日~10日前に不調が集中する場合は、PMSです。   生理前の不調としては、 *イライラし気持ちが落ち込む  無気力になって不安になる *疲れやすくなる  むくみや肌荒れ 胸がはる 頭痛 *家族や友人に当たる 衝動買いをする   など甘いものをたべたくなったりストレスがたまりがちです。  

生理前に気をつけたい食べ物

  生理前に食べたもので生理が重くなったりします。 塩分や糖分、脂質の多い食事は、月経血の質を悪くします。 粘着質な月経血になりやすく膣から出るときにスムーズにでないので、 子宮が押し出そうと強く収縮して痛みがでてきます。 生理前の食事を気をつけることで生理が軽くなります。  
  • コーヒーやチョコなどのカフェインを控えましょう
カフェインは、交換神経を活発にしますが、生理前のいらいらを増進することもありますので、夕方以降は控えたほうがよいです。  
  • お菓子類、ファーストフード、カプラーメーンなどの塩分が多い食品を避ける
生理前は、体内に水分を溜め込みやすいため塩分、油分にかたよった食事はよりむくみやすくなりますの控えましょう。  
  • 身体を冷やす飲み物、食べ物を控えましょう
ビールなどは身体を冷やす麦が原料になっています。 また、バナナやメロンなど南国の果物も身体を冷やすので控えたいです。  
  • 牛乳、チーズ、ヨーグルトなどを控えましょう
重い生理痛の原因にもなる脂肪分は、乳腺につまりやすく おっぱいがはったり、粘土のある月経血の素になりますので控えましょう。   生理前の食べたものから体調が変わります。 甘いものなどの嗜好品も、生理が終わったら食べようと自分で決めてみると良いですね。    

生理前の過ごし方を見直してみましょう!

 
*生理前にイライラしやすい人は、朝起きたら日光を浴びて体のリズムを整えましょう。
女性は、特に環境が整うと心も身体も変わります。 呼吸を深く吸って吐いて家にいるときは、ゆったりと過ごしましょう。  
  • 自分の好きなことをする時間を作る。
1日の中で自分のすきなことを30分でも良いので作ってみましょう。 お風呂で半身浴をして汗を流したり ネイルサロンに行ったり。 喫茶店でお茶をしたり 自分のための時間を過ごす事で、自分の充実度があがり明日もがんばれる自分になります。  
  • 眠たいときは、早めに寝ましょう!
「生理前は、眠くなる」という話をききますが、これは黄体ホルモンの影響といわれています。 身体の波にさからわずに過ごすことが生理にとっても自分自身にも一番良いです。 忙しいと睡眠時間を減らしてしまったりしますが、生理前は良く寝たほうが 物事がスムーズに進みます。   生理痛を和らげる方法は、難しいことはありません。 普段生活している生活習慣を見直して、自分自身の心や身体の声を聞いてみてください。 生理痛も身体からのあなたへのメッセージです。 そのメッセージをしっかりと受けて入れて、心と身体の気持ちの良い環境を作ってあげていってください。      

▼▼あなたを独りにしない!お悩み相談はこちら▼▼

幸せな妊活を応援します!こちらもご覧ください!

LINE@(質問やお悩み相談を受け付けています)
↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。



▶もしくは「@ninkatsu-life」で検索してください
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(事務局と1対1の会話となり、他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶全国の子宝整体師紹介を希望される方は、
LINE@で、「紹介希望します」とメッセージをお送りください。
その際今のお悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。

★おすすめのプレイリスト一覧★
子宝整体師が教える子宝体操 ▶ http://urx.mobi/D4Qq

夫婦で楽しむ!妊活ペアヨガ ▶ http://urx.mobi/D4Qr

妊活中のお悩みに答える|妊活相談室 ▶ http://urx.mobi/D4Qt