その便秘・・・実は不妊と関係あるかもしれませんよ?

便秘というと大したことがないと思うかもしれませんが、詳しく知っていくと思わぬことがわかったりします。

今回便秘の定義や不妊と便秘がどう関係しているのか?

これは知っておいて損はありませんし、もしお子さんが生まれて、そのお子さんが便秘だと親はとてもいたたまれません。

ですので

今回は便秘について書いていきます。

便秘の定義

それでは便秘とはどういう状態をいうのか?といいますと、

実は

便秘の定義は、学会によって様々。

日本内科学会の見解
「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」

日本消化器病学会の見解

「排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指しますが、明確な定義があるわけではありません。問題となるのは排便困難や腹部膨満感などの症状を伴う便通異常=「便秘症」

国際消化器病学会

  • 排便回数が週3回未満
  • 硬便が排便時の25%以上(4回に1回以上は硬い便)
  • 用指的排便(指や綿棒などを用いて強制的に排便させる行為)が25%以上
  • 努責(排便時に強くいきむこと)、残便感、閉塞感がみられる頻度が25%以上
  • 以上の症状が6ヶ月前から少なくとも3ヶ月で基準を満たす場合に慢性便秘

引用、http://www.benpi-kaiben.com/faq/208/ バナナ先生の快便塾より

この中でも最近は国際消化器病学会の考えを日本でも診断基準として使われるようになった。

 

単純に一週間でなければ便秘というわけでもなく、このような基準があって便秘と診断されます。

 

便秘で死んだ人もいる?

まさか便秘で?なんて軽く考える人もいるかもしれませんが、調べた見たらこのような記事もありました。

引用、Vipper

みんながみんな死ぬわけでもありませんが、市販の薬をつかってでも出てくれないこともあり、中には便秘で本当に苦しんでいる人もいます。

そして

それぐらい便秘というのは厄介です。

便秘の原因

便秘になる人とならない人がいます。

それに

家族で同じ食事をとっていても自分だけ便秘でほかの人たちは大丈夫ということもあります。

 

それでは原因はなんなんでしょうか?

 

薬の副作用

薬を使う事で副作用で便秘になるひともいます。

これについては、命に係わる人もいますし、どうしても病気の関係ででにくい方もいらっしゃいます。
お医者さんともよくご相談ください。

なかには、誘発剤でも起こり得る人もいます。

ですがただ単純に

薬が悪いからと否定するのではなく、できるだけならないようにするには?

どうしても誘発剤の力を借りないとできない人もいらっしゃいますので。

無理なダイエット

ダイエットで理想の体になればいいのですが、実際なかなか難しい。
その原因の一つに無理な食生活が乱れてしまい便秘になりかえって痩せにくいという人もいます。

ちなみに自分はむかしこんにゃくダイエットというのをやってみたのですが、3食すべてこんにゃくで過ごしてみましたが、こんにゃくをよく噛まずにのんでいたために、なんど便秘になったか?わかりません。

こんにゃくもたしかに便秘に一役買ってくれるのですが、とりすぎは結局身体をほろぼします。

重要なのは、やはり適度な運動と、やはり食べる事ですね。

 

食事のバランスが悪い

食べているものが食物繊維がすくなかったり水分不足で起こる便秘もあります。

これはうえでも書きましたが・・・・

腸内環境が悪くて便秘になる

これについては後から後述いたします。

ストレス

仕事の関係や妊活でのストレスでも気にしすぎてしまい、便をだす指令を出す脳がうまく働かない人もいます。
家族で同じような食事をとっていても自分だけ便秘になるという人は、これが考えられます。

例えば夜に寝れないことや、生理前のイライラなど。肌荒れだけではなく、こういったことも原因としてあります。

逆に便秘だからストレスで夜に寝れなくなったという人もいます。

 

便秘だからと言って太っているわけではない

以外かもしれませんが、便秘だから太っているという図式が全て成り立つわけではありません。
なかにはこんなに痩せているのに、便秘なんだ

という人もいます。

ですが、便秘が無くなればその分体重は確実に落ちます。

そういった意味では、太っているからというのではなく、体重が落ちるといったほうが適切かもしれませんね。

便秘で腰痛にもなるのか?

我々のような業種は、肩こりや腰痛というお悩みを抱えている人もたくさんいらっしゃいます。
その中でも、便秘が原因で腰痛だった。

という方も・・・

便秘で腰痛になる

補足として一概にすべてがすべて腰痛の原因が便秘とは言えません。

しかし明らかに腰の調子が悪い人でいくらマッサージなどをしても全く意味がなかった人もいます。

 

腰痛を我慢していたら、便秘になった。鶏が先か?卵が先か?
という事はわかりませんが。こういった方の症状としては、左側に痛みが現れる人が多い。

なぜ左腰か?というと

考えられる理由としては、便が出ていく最終的な場所は直腸と言われるところです。

この直腸は左側にあります。

ですので左側の腰が痛くていくら整骨院や整体に行ってもよくならない人はこういった原因も考えられます。

自分で見るときはどうすればいいのか?

ご自身で確認するとしたら、左側の骨盤の内側に、塊があるのでそこを押してみると、便が溜まっていることがわかると思います。

もしわからない場合は、協会の先生に聞いてみてください。
多分すぐにでもみつけられます。

ただ診断となると我々はできませんので、不安でしたら一度病院に行ってくださいね。

注意、左側に痛みが出る腰は全て便秘というわけではありません。
その他にも大きな病気の可能性もありますので、不安でしたら、そちらも病院で検査をお勧めいたします。

自分でできる便秘で腰痛へのセルフケアは?

当協会でも動画を作っておりましたので参考にしてみてください。

 

便秘と不妊症?

これらはさまざまな考え方があります

まず

便秘が起こると

骨盤内にある子宮を圧迫してしまい、それが原因で妊娠しずらい人も中にはいます。
圧迫されたことで、血流の動きが悪くなったり、せっかく、着床しても育てるためには、血が必要でそれがうまくわたっていかない。

そして

腸が膨れて神経を圧迫してしまうという考え方もある。

その結果

血流の流れも悪くなるので結果的に育ちにくい環境と考えられる。

そしてもう一つの考え方として

腸内環境というものが左右されてきます。

腸内環境について

腸内環境がわるいと、腸内にいる細菌たちのバランスが崩れます。

腸内細菌とよばれるものですね。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という三つの細菌がいるといわれています。

2017年現在

これらのバランスが、腸にいる便のせいでバランスを崩していきます。

本来は出していかないといけないものなのに、いつまでたってもいるわけなので、腐敗してきたリ固まってきたりもする。

その結果、三つのバランスが崩れていき腸内では異変が起こっています。

それでは

これがうまく働かないとどのような事が起きてくるのか?
というと

まず

免疫力がおちます。

なぜ便秘だと免疫が落ちるのか?

こちらを参考にしてみてください

http://mega3.jp/immunity/
引用 免疫の仕組みについて

 

免疫という言葉は皆さん知っていると思いますが、簡単に言いますと体を守ってくれる役割をしてくれます。

しかし便秘が起こると、腸内環境が正常ではいられなくなり、

その結果

本来守るべきはずのキャラが少なくなったり又は、逆に暴れるキャラが増えるといった感じです。

そうなると

口内炎になりやすいとか
病気にかかりやすい。

ですので

腸内環境を整えるという事は腸にいる免疫のバランスを一定にしていくという事がひっすになります。

 

腸管免疫が不妊とどういう関係にあるのか?

というと

まず便秘ということで、栄養を取ってもうまく循環してくれない事。
食べている食事も本来は不必要なものは出ていく事、

ですが

便秘になるとなかなかそれができないので余分なものまでいるのです。

そのため腸内細菌のバランスが崩れます。

免疫のバランスが取れないと

例えば

精子が入ってきても攻撃してしまったりもする。
これは体を守ろうとして無駄に免疫の反応が上がってくると精子を異物としてとらえるということも起こり得ます。

そうなるとせっかく性交をしてもうまくいきません。

これは一種のアレルギーの考え方と似ているかもしれません

アレルギーは体の中で過剰に反応してでてきています。

結局は守ろうとする力が必要以上にでている。

そういったことが体の中でおこっています。

アトピーや、花粉症なんかもこの類。

 

それでは善玉が増えればすべて解決するのか?

というとそうではなく、
一定数の悪玉菌は悪玉菌で必要になります。

こういった事を踏まえると

なにごともバランスが重要になってきます。

悪玉菌に関して必要なのか?

善玉菌だけ増え続けていけばすべて解決ではないのか?と思うかもしれません。

ですが悪玉菌は悪玉菌でも仕事はあります。

たんぱく質を分解してくれたりなど。

これって人間社会でもそうですが

例えば

悪人がいなくなれば、捕まえる人たちもいなくなるのか?
というとそうではないですよね?

世の中には必要悪というのもあります。

怪我をさせられた被害者が加害者に対して、攻撃したとすれば
逆に加害者が今度は被害者にだってなりうるわけです。

これと同じような事が体の中でもおこっているわけです。

ですので一定数のバランスはとりつつも3つとも必要となります。

ちなみに、善玉菌、悪玉菌のほかにも日和見菌(ひよりみきん)というのがいますが、これはエイズなどででてくる菌です。

便秘を解消するために自分でできる事

便秘もできるならご自身の力で解決できたら一番いいですよね。

そこで

錠剤を使う以外でもできそうなことや注意することなどを書いてみました。

運動、

上にあげた動画の様な運動でもいいですし、散歩でも構いません

ポイントはいつもよりも動いているなぁと感じる事です。
お風呂に入って汗を流すのも結構いいですよ。

運動するといいのは、お腹がすく

実はこのお腹がすくと腸が動いてくれるので、便秘にもいいといいえます。

 

食生活を変える

便秘にたいしては水分は必須

しかし

案外多いのですが、水分の入った食べ物をとっていなかったり、
驚くかもしれませんが、中には水が嫌いという人もいます。

そして

お茶とかコーヒーではだめなの?という人もいますが、これについてはカフェインが入っているのであんまりお勧めいたしません。

カフェインについて

カフェインについては、腸の運動がしやすくなるからいいのでは?という考え方もありますが、最初はいいのですが、今度は腸がサボってしまい結果的に便秘に戻りやすい。

 

更にコーヒーには、利尿作用がありおしっこが出る。
そうなると、必要な水分を出してしまい便秘になるのでは?とも考えられています。

つまりどちらにしても、水分として考えてとるというものではない。
あくまでも嗜好品としてとらえておいたほうがいいのではないか?というのが私の見解です。

ちなみにアルコールもおすすめはしません。
おしっこは出るかもしれませんが・・・
結局水分を持っていかれるので。

食事のバランスを今一度考える

今は糖質制限というものが流行っております。

また

このやりかたは、肉を主流にしていますので、おならなどが臭くなる人もいます。

ちなみに自分も過去にやってみましたが、体重は痩せるのですが、便秘になりました。
そしておならが臭くなりました。

やめると戻る。

それよりも食事を見直すということから始めたほうが早いかもしれません。

健康にいいというものを食べればそれで解決するのか?というとそうではなく、その人によって食べるものが変わってきます。こちらの記事を参考にしてみてください。

妊活しているならこの食材を基準にとってみて!

ファスティング

ファスティングも一つの案ですが、これもご自身で始めるとかえって便秘になる人もいます、ですのでファスティングを行う際は当協会にご相談ください

妊活ファスティングで妊娠しやすい体を目指しませんか?

ご参考にしてください。

整体でできる事

妊活協会で行う整体は、内臓の負担をへらす整体。

これは、どういう原理かといいますと、内臓も一種の筋肉です。

それは、腸もそうですし、子宮もそう。

筋肉なので緊張もしてきます。
その結果、本来のちkらが出せない体になっている人も少なくありません。

そういった体に対して、触れていくだけで、緊張が取れていく。

そんな整体です。

この整体はあなたの便秘に対しても一役かっていけます。

一生懸命便秘を何とかしようと思っていたり、または今現在便秘で悩んでいる。

または整腸剤を飲んでも便秘が治らないという人はぜひ我々を頼ってくださいね。

まとめ

たかが便秘、されど便秘

今一度お身体のことを考えてみて妊活に励んでみてくださいね。

また妊活の一番の近道って案外誰かとお話をしたりすることも必要だったりしますよ。

そういったお話を聞きながら施術をうけると本当に驚くことが起こります。

 

日本妊活協会

加藤幹

 

 

 

▼▼あなたを独りにしない!お悩み相談はこちら▼▼

幸せな妊活を応援します!こちらもご覧ください!

LINE@(質問やお悩み相談を受け付けています)
↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。



▶もしくは「@ninkatsu-life」で検索してください
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(事務局と1対1の会話となり、他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶全国の子宝整体師紹介を希望される方は、
LINE@で、「紹介希望します」とメッセージをお送りください。
その際今のお悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。

★おすすめのプレイリスト一覧★
子宝整体師が教える子宝体操 ▶ http://urx.mobi/D4Qq

夫婦で楽しむ!妊活ペアヨガ ▶ http://urx.mobi/D4Qr

妊活中のお悩みに答える|妊活相談室 ▶ http://urx.mobi/D4Qt