保存版:これで完璧!PMS解決法大全

こんにちは、日本妊活協会の畠山です。

生理痛とともに、多くの女性を悩ませているのがPMS。

僕の治療院に来られる患者さんでも、PMSを自覚している人がたくさんいます。

自覚はしていても、PMSが改善するものとは思っていない人もいます。

ですが、しっかりと原因を見つけて対処すれば

PMSは改善することが多いので、これから一緒に考えていきましょう。

さて今日は、このPMSについて

『概要』『病院では?』『整体では?』

という順番で書いていこうと思います。

 

概要

 

一説によると女性の90%が該当するといわれるPMS。

Premenstrual synerome の略で、日本語では『月経前症候群』と言います。

排卵から生理が来るまでの間の10日間ほどにイライラしたり、集中力がなくなったり、頭痛やむくみなどが出たりします。

PMSの特徴の1つに、

症状が出るのはプロゲステロンが分泌されている時期、ということがあります。

プロゲステロンというのは、エストロゲンと共に女性の月経周期に分泌される代表的なホルモンで、排卵後に分泌されて受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くし、体温を上げる作用があるものです。

そしてPMSのもう1つの特徴は、

生理が始まるもしくは終わると症状が完全になくなることです。

 

PMSの症状

PMSの症状としては、精神的なものと肉体的なものがあります。

当てはまるものがないか一度チェックしてみて下さい。

精神的・・・イライラする、神経質になる、短気になる、憂鬱になる、ボーっとするなど

肉体的・・・手足のむくみ、疲労感、頭痛、吐き気、腹痛、不眠、眠気、冷え、肌荒れなど

いかがでしょうか?

意外と思い当たる症状のある人もいらっしゃったのではないでしょうか。

 

なぜ起こるのか?

PMSの原因は、いまだにハッキリとは解明されていません。

それは、PMSの症状があまりにも多い事(150種以上)や、症状の軽い人と思い人の差が物凄くあることからのようです。

ですが、諸説あるものの現在は体内のホルモンのバランスが原因になっているという考え方が一般的となっています。

その中で代表的なものを2つ紹介します。

 

1、女性ホルモンの代表格であるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が、急激に増えたり減ったりするため

2、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」の分泌が乱れるため

です。

少し細かいメカニズムをみてみますが

エストロゲンとプロゲステロンが乱れると・・・

↓↓↓

・エストロゲンが減ると、興奮を抑え血管を収縮する物質(セロトニン)が減って脳の血管が広がるので片頭痛になる。

・プロゲステロンが増加すると、むくみやお腹の張り、便秘、胸の張りの原因に。

・エストロゲンとプロゲステロンが共に減少すると、ホルモンの司令塔である視床下部がうまく働かなくなる。

『情動の脳』と言われる視床下部の働きが悪くなるとイライラしたり、情緒不安定になったりします。

・エストロゲンとプロゲステロンが減少して、セロトニンの分泌がうまくいっていない時も、心理的なトラブルを引き起こす。

このように、皆さんを困らせるPMSはホルモンの分泌が乱れることで起こっている可能性が高いんですよね。

 

対策

 

単純な対策としては、生理周期を確かめてPMSに備えることです。

その為に、基礎体温をつけて自分の体のリズムを知っておきましょう。

基礎体温表と日記をつけるだけで症状が改善する人もいるようですから。

自分の状況を理解して予測できれば、PMSの状態を上手くコントロールできるようになる場合があるんですね。

また、PMSがきつい人は、パートナーなどの周りの人も理解してあげる必要がありますね。男性は理論的に納得すれば行動する場合が多いので、きっちり話すと理解してくれる可能性がありますよ。

ここまでPMSへの単純な対策をお伝えしましたが

PMSを出来るだけ軽くしたり、改善する方法を模索してもいいかもしれません。

その方法としては

まず病院でしょうか。

 

病院にかかる場合

 

病院としては婦人科、

もしくは心療内科になります。

診察の手順としては・・・、

まずは問診で月経の周期や期間などを尋ねられます。

それから、触診で子宮、肝臓、腎臓などの状態をみます。

そして尿検査、血液検査でホルモンの値を検査します。

また、腹部超音波で子宮や卵巣の大きさや形、子宮内膜の厚みなどをみたりもします。

その後は治療にはいっていくわけですが、

病院でのPMSの治療にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

病院での治療

 

基本的には低用量ピルや精神薬などの薬物治療がメインのようです。

その他には漢方薬を使った治療も行われます。

また、薬には頼らない栄養療法もあります。

 

薬物療法・・・

 

代表的なのは、低用量ピルです。

低用量ピルはPMSの原因である排卵をおさえて、排卵後に起こる症状を軽くしようとするものです。

ピルの副作用としては、頭痛やだるさ、吐き気、眠気などがあります。

体が慣れると、出なくなる人もいるようです。

また、重い副作用としては血栓症があります。

 

ただ、少しマニアックな話になりますが、

PMSの症状緩和にはプロゲステロンが必要なのですが、

ピルに含まれるプロゲストーゲンは、プロゲステロンの分泌を低下させます。

ですので、ピルを飲むことがPMSに適切ではないと指摘するドクターもいるようです。

 

・抗うつ剤や抗不安剤は、精神状態や自律神経のバランスの崩れに、

うつっぽい症状がある人は、うつ病と同じくパキシルという薬が処方されます。

パキシルの副作用は、体重増加、眠気、不眠、吐き気、目まい、便秘などです。

どこかPMSの症状に似ている気がしますね。

 

イライラや不安感に関しては、抗不安剤デパスが処方されることがあるようです。

ちなみにデパスの副作用は、ボーッとする、眠気、倦怠感などです。

 

薬物は症状に対する処置ですので、根本的な治療ではありません。

ですが、即効性を求める場合にはとても役立ちますね。

 

漢方薬・・・

 

低用量ピルが使用できない場合や、薬をあまり飲みたくない方の選択肢として漢方薬があります。

西洋医療で使われる薬ほどの即効性はないものの、その方の体質にあったものが見つかれば効果が期待できます。

基本的な考え方は東洋医療で言う「気」「血」「水」のバランスを整えることで、それぞれの症状を改善していくようです。

 

簡単に代表的なものをピックアップしておくと

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・イライラなどの精神症状が強い、のぼせがある人に。虚弱体質の方に使用されることが多いようです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・肩こり、頭痛、むくみの人に。やせ形などの体が強くない女性向けのようです。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・・・便秘や肩こり、頭痛、のぼせ、不安、イライラの人に

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・肩こり、腹痛、めまい、のぼせ、冷えなどの人に

抑肝散(よくかんさん)・・・イライラ、不眠の人に

 

西洋医療の薬に比べると、副作用が少ないのも漢方薬の特徴です。

ですが副作用がゼロではありませんし、ぴったりと合うものを見つけるのが重要ですので、やはり医師や薬剤師の先生と相談しながら服用する方が良いでしょう。

 

栄養療法・・・

 

PMSを起こす人には、隠れ貧血と機能性低血糖が多くみられるようです。

隠れ貧血の場合は、一般的な血液検査では見逃されることも多いようですので、

血液検査で異常がなかったという方でも鉄の摂取を心がけた方が良いかもしれません。

もちろん検査で鉄などの不足が発見されれば、鉄をはじめとしたミネラルやビタミンを処方されるはずです。

また、炭水化物を多く食べるなどの血糖値を急激に上げる食事をされる方は

機能性低血糖を起こしている可能性がありますので、食事全般をみてくれるような栄養療法は効果的かもしれません。

 

PMSの診療や通院は、毎月の症状に対処するため基本的に一か月に一回の診察で3~6ヶ月になることが多いようです。

 

整体で出来ること

 

一方で、

僕たちがPMSの方に対して行うアプローチはというと、

  • 自律神経を整えたり、血流をよくすることで症状の緩和を目指す
  • 頭蓋骨や内臓を調整することでホルモンの分泌やバランスを整える
  • 食事やサプリメントなど栄養全体の指導
  • 生活習慣やエクササイズの指導

 

などが挙げられます。

何か一つの症状等に焦点を当てるのではなく、体全体に見てPMSを起こしている原因を改善していくという方法になりますね。

 

症状へのアプローチ

 

・・・PMSの症状である頭痛やむくみ、不眠、冷えなどを改善するために骨や筋肉、内臓を調整します。

体の本来持っている循環する力・免疫力・解毒力などを良くしたり、栄養の吸収力を上げる施術をするわけです。

この辺りは一般的に整体が得意としている分野ですね。

 

ホルモン分泌のバランスを整える

 

・・・特にプロゲステロンという事になるかと思います。

PMSが起こる時期を考えると最も特徴的なのはプロゲステロンが大量に出ている時期ということです。もちろんエストロゲンも出ていますが。

今回この記事を書くにあたって、PMSとプロゲステロンの関係については僕なりに調べてみました。

てっきり調べる前までは、プロゲステロンが単純に出ていなくてPMSが起こる。

というくらいにしか考えていませんでしたが、PMSの女性の血液に含まれるプロゲステロンはほぼ正常な値であることが多いようです。

で、直接的な原因としては『プロゲステロン』を受け取る部分の問題であることが分かっているようです。

それがあるのはPMSの症状が出る脳や皮膚、膀胱、子宮、卵巣などだそうです。

で、そこがちゃんと働くように刺激するためには、結局たくさんのプロゲステロンが出ないといけないそうです。

つまり、PMSの方は通常のプロゲステロンの値では満足してはいけなくて、普通より多い量のプロゲステロンが出ないといけないということになります。

ですが、ホルモンはいくつかが連動して働いています。

なので、結局は各ホルモンが上手く出やすくて、バランスよく分泌できる体にしてあげなければいけないということになりますよね。

その為に、僕たち子宝整体師は頭蓋骨や内臓を調整して、ホルモンのバランスを整えていきます。

 

栄養の指導

 

・・・前述したようにPMSの方は、何か一つの栄養素が決定的に足りないと断定することも難しいです。

PMSの症状であるイライラ、鬱っぽくなる、頭痛、不眠などは鉄欠乏性貧血ともよく似た症状です。

疲れやすい、イライラする、冷えやすい、頭痛、やる気がでない等々を考えると低血糖症の症状にも似ています。

やはりその方に合った栄養や食事の指導が必要になってきます。

例えば、鉄だけを考えても実際に血液検査のヘモグロビンなどが問題なくても、

『フェチリン』が血液の中に少ないと実際は体の中に鉄が少ないということになるようです。

このあたりのものはサプリメントで補う事も、対策の1つになるかもしれません。

ただし、鉄の吸収を阻害する食べ物(カフェインなど)を摂取することも避けなければいけません。

このように考えると、やはり専門的な栄養の知識のある方に相談した方が良いですよね。

 

また、この栄養を上手く吸収するには内臓が疲れていたり、調子が落ちているようではいけません。

ですので、内臓を直接調整して働きを良くしてあげることが出来る整体は、栄養面でも効果が期待できるはずです。

 

生活習慣、エクササイズの指導

 

この部分の詳細はここでは割愛しますがホルモンの調子を整える生活習慣、子宮周りの血流を改善するエクササイズなどを指導していきます。

このサイトの他の記事を参考にして下さっても結構ですし、直接僕たちに聞きに来て頂いても構いません。

ここでは整体ができることについて書きましたが、基本的に僕たち子宝整体師は上記のような対策を何か1つ行うのではなくて、その方に必要なアプローチを全て施していきます。

つまり僕たちが行うのは

症状を改善 + ホルモンの調整 + 内臓の力UP + 栄養状態の改善 + 生活習慣やエクササイズの指導

この全部、もしくはこのうちの幾つかです。

PMSに限った事ではありませんが、何らかの症状が出られているということは

その症状を出す何らかの原因があなたの体にあるということです。

あなたに必要なことが見つかって、その対策出来れば

あなたを困らせている症状は改善していくと思いますよ。

諦めずに何か1つでも出来ることをしてあげて下さい。

体は生きている限り自然治癒力というものがあります。

あなた自身の体の力を信じてあげて下さい。

頑張りましょう!

 

日本妊活協会

ハタケヤマ骨格矯正Lab.

畠山 聡仁

妊活メールマガジン

▼ こちらに入力して登録してください

メルマガが安全に登録されました。 御礼のメールを送信しておりますので、メールBOXを確認いただき、届いているかを確認ください。

幸せな妊活を応援します!こちらもご覧ください!

LINE@(質問やお悩み相談を受け付けています)
↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。



▶もしくは「@ninkatsu-life」で検索してください
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(事務局と1対1の会話となり、他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶全国の子宝整体師紹介を希望される方は、
LINE@で、「紹介希望します」とメッセージをお送りください。
その際今のお悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。

★おすすめのプレイリスト一覧★
子宝整体師が教える子宝体操 ▶ http://urx.mobi/D4Qq

夫婦で楽しむ!妊活ペアヨガ ▶ http://urx.mobi/D4Qr

妊活中のお悩みに答える|妊活相談室 ▶ http://urx.mobi/D4Qt