2月はバレンタイン♡甘いものが好きなあなたへ

甘いものが好きなあなたへ こんにちは! 日本妊活協会の小池 勇一朗です。 今回は妊活相談室にお寄せいただいたご意見の中から食に関係するご質問について、私がお答えさせていただきたいと思います。

甘いものが好き!どう対応したらいいでしょうか?

今回いただいたご質問は 「どうしても甘いものが好きなんですが、どういったもので対応したらいいでしょうか?」 というものです。 特に、これからの時期はバレンタインデーが近いこともあり、好きな方にとっては普段お買物をされているスーパーなどでも多くのチョコレートからの誘惑にも悩まされることが増えますよね。 まさに、好きな方にとってはツライ時期になってきます。 ここで実際チョコレートなどの甘いものがなぜ妊活をされている方にとって良くない傾向があるのかはご存知でしょうか? 簡単に言えば、妊活をされている方だけでなく人間は甘いものや炭水化物などに代表される「糖質」を食べることにより血液中の血糖値という値が上がります。 この血糖値が上がることにより脳では満腹になったよということがわかるような仕組みになっています。 そこで、血糖値が上がっている時にはそれを時間をかけて元の値まで下げようとする「インシュリン」というホルモンが活躍してきます。 このインシュリンというホルモンが出るのは一般的には甘いものや炭水化物などに含まれる「糖質」を取った時が多いとされています。 特に、甘いものでも精製された「白砂糖」や精製された「白米」などは比較的に血糖値をあげるスピードが早いとされています。 血糖値が急激に上がると気分がハイになる傾向があるため、また食べて血糖値をハイまで上げたいと思うことに繋がっているんです。 これが、甘いものがやめられない習慣をつくってしまっている一つの理由なんですね。

血糖値を緩やかに上げるには?

もし、甘いものを減らしたりやめたい場合は習慣性が強いお砂糖だけをやめることは体験上、かなり難しいと思います。 なるべくなら、その他にとっている炭水化物などの回数を減らすか、全ての糖質を精製度の低いものにチェンジして、血糖値を緩やかにあげる習慣をつけて行く必要かあるんです。 血糖値を緩やかに上げる食材としては例えば、白米なら玄米や7分搗きのお米に変えたり小麦から雑穀入りのパンにしたりすることも有効です。 良くお伝えするのは、白砂糖の代わりとしてはメープルシロップや砂糖入りでないハチミツ、黒糖、デーツなどを代用していただいてます。 特に、バレンタインの時期にチョコレートを手作りされる方はなるべく甘くないビターなチョコレートに上のようなものを入れて代用してみるのもいいかと思いますよ。 毎日のように甘いものを食べている方でなければ問題ないのですが、甘いものを習慣的に食べている傾向がある方で妊活をされている方の場合は、 インシュリンを含むホルモンの働きが鈍くなる可能性があることも知っておいてくださいね。 甘いものの習慣がある方や糖質を多く摂る習慣がある方は女性ホルモンやストレスホルモンなどの常にあなたのカラダの中で作られているその他の大切な働きをしているホルモンの生産量を下げて拮抗して使われてしまってしまうんです。 そんなもったいないことをしてしまっているなと感じる方は、少しずつでもいいので今からバレンタインデーに向けて目標を持ってチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか? その一歩からあなたの甘いものに対する習慣も少しずつ手放せるお手伝いができたら何よりです。 日本妊活協会 小池 勇一朗

▼▼あなたを独りにしない!お悩み相談はこちら▼▼

幸せな妊活を応援します!こちらもご覧ください!

LINE@(質問やお悩み相談を受け付けています)
↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。



▶もしくは「@ninkatsu-life」で検索してください
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(事務局と1対1の会話となり、他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶全国の子宝整体師紹介を希望される方は、
LINE@で、「紹介希望します」とメッセージをお送りください。
その際今のお悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。

★おすすめのプレイリスト一覧★
子宝整体師が教える子宝体操 ▶ http://urx.mobi/D4Qq

夫婦で楽しむ!妊活ペアヨガ ▶ http://urx.mobi/D4Qr

妊活中のお悩みに答える|妊活相談室 ▶ http://urx.mobi/D4Qt