30代妊活中 妊活ストレス? 生理周期が短すぎる気がして不安です!

こんにちは 日本妊活協会の石井あいこです。

妊活をはじめた頃から気になりはじめる身体のこと

体温表をつけたり

生理周期を調べたり

生理の時の体調に気にしたり

調べていくうちに

「もしかしたら他の人と比べて生理周期が短いかもしれない」

「不妊は、生理周期が短いのが原因なのかも」

などと心配したり

ネットなど詳しく調べていくうちに

どんどんネガティブな気持ちになって

心も体もキュッとかたくなって

誰にも相談できずにそんな日々をすごしている方もいるかもしれません

 

でも大丈夫!

 

女性は、本来妊娠する体をもって生まれてきているんです!

 

体のしくみや自分の心の状態を知り

よい状態にしていくと

生理周期も安定してきます

 

とても簡単なんです

 

まず自分の身体をよく知ることから始める

身体と会話をしてみる

 

あなたの身体の整理してみませんか?

 

正常の生理周期を計算してみよう

 

自分の体を正しく知るためには、正しい知識をもつことです。

正常の生理周期は、平均して28日くらいといわれいますが、

あなたは、どのように平均の周期を計算していますか?

 

実は、生理周期の簡単な計算方法があるんです!

 

自分の生理日開始日のデータを最低4回分くらいを用意します。

まず1回目の生理開始日を1日目にして

2回目の生理が始まる前の日までを数えます。

 

例えば1回目の生理開始日   5月 1日

2回目の生理開始日   5月30日

とすると生理周期は、29日になります。

 

正しく知るためには、4回分の日数をとり

平均値を出すとより正確な周期をしることができるでしょう。

 

毎日の生活しているとストレスの負荷がかかったすると

ホルモンも安定しないので生理周期も長かったり

短かったりすることがあると思いますので

最低4回位の日数をとられるとよいですね

 

月経周期の日数は何日くらいが短いの?

 

*正常な月経周期は、25日~38日です。

生理期間は、平均5~7日間

1回の量は、20~140ml   になります。

 

では、短いと考えられる月経周期は、

 

24日以内です。

 

月に2回生理があったり頻発月経と呼ばれていて

 

頻発月経の中でも、

排卵している  排卵性頻発月経と

排卵していない 無排卵性頻発月経  があるんです。

 

月経周期が短いと不安になったりしますが、

これは体からの何らかの異常があるメッセージとして

症状がでているケースが多いので

自分の体の声を聞く気持ちで原因を知り

早めに改善していきたいですね

 

 

授かるための身体つくりは月経周期が短い原因を知ることから

 

では、頻発月経の原因は何なのでしょうか?

もしかしたらこの原因にあてはまるかもしれない

などがあると周期の短さの解決策にもなりますので

毎日の身体の調子や心の状態を観察してメモしておくと見つけやすいですね。

自分の心や身体の状態を知ることは、

赤ちゃんを授かる早道なのです。

 

 

頻発月経の原因は6つ考えられます

 

□卵巣機能の低下

卵巣の働きが低下すると本来あるはずの排卵が起こらなくなり

それによって生理の周期が短くなります。

過激ダイエットをしたり、身体が冷えていたり

ストレスなどが原因で卵巣に栄養や血液がしっかりと行き届かない

ことが原因で起こります。

 

 □ホルモンバランスの乱れ

女性の身体は、普段の生活の環境や体調などによって

月経の周期が変わることはよくあることです。

頻発月経が1.2回続いた場合は問題ないのですが、

半年以上の慢性的に周期が短いと

身体が耐えられないストレスがかかっていたり

すると

ストレスホルモンが多く出て

女性ホルモンの量が減ってしまい

ホルモンのバランスが崩れて体調に不調がでてきたりします。

自分でも、気づかないところでストレスがかかっていて

ホルモンのバランスが崩れてしまっている可能性もあります。

 

女性ホルモンは、月経の周期に大切なや役割をしてくれているので

ホルモンのバランスが崩れてしまうと

排卵や着床にも影響がでてきてしまいます

しっかりと整えていきたいですね。

 

 

□子宮筋腫などの病気の影響

子宮筋腫などの病気が原因で頻発月経が起こることもあります。

筋腫が邪魔をして子宮内膜が上手くきれいにはがれることが出来ないのが

原因だと考えられています。

 

□黄体機能不全

黄体ホルモンの分泌が低下して排卵日から月経開始までが短くなる

黄体機能不全が考えられます。

黄体ホルモンが足りなくなると子宮の内膜が薄く

受精卵が着床しずらくなってしまいます。

また、受精しても流産が起こりやすくなったりします。

 

□更年期障害

最近は、若年性更年期障害を発症する若い女性も増えています。

情緒の不安定やのぼせ・ほてりなどの症状があります。

無排卵や若年性更年期障害は、不妊の原因になったり月経がとまることもあります。

 

□甲状腺機能低下症

甲状腺は全身の新陳代謝を促すホルモンを分泌するところなので

機能が低下すると甲状腺機能低下症になり稀発月経や無月経になることがあります。

 

 

頻発月経では病院ではどんな事をしてくれるの?

 

病院の検査は、まず問診があり「月経不順はいつからなのか」

「体重の変化や大きなストレスがあったか」

「病気の既往歴・服用中の薬があるかどうか」

などきかれます。

そして、内診やエコー検査をして子宮や卵巣に異常がないかなど確認します

異常がない場合は、ホルモンのバランスの問題が考えられますので

血液検査や各ホルモンの値をしらべていきます。

ホルモンの検査はいくつかの項目があるのですが

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)の値が低い・・・・・卵巣機能の低下

プロゲステロン(黄体ホルモン)の値が低い・・・・・黄体機能不全

などが調べられます。

 

また、

FSH(卵胞刺激ホルモン)と

LH(黄体形成ホルモン)の値が共に高く

AMH(抗ミュラー管ホルモン)の値が低い場合・・・・・卵胞の数か少ない

 

反対に

FSH(卵胞刺激ホルモン)と

LH(黄体形成ホルモン)の値が共に低い場合・・・・脳下垂体のホルモン分泌がうまくいってない

ことをがわかります。

 

どのホルモンを調べるかは、診察される病院によって変わります。

身体の原因となるホルモンの値を知ると

不安や疑問が解決されるかもしれません

 

治療法としては、ホルモンバランスを正常に整えていくために

飲み薬が処方されます。

 

 

生理周期と深い関係! 女性ホルモンの改善策とは?

 

頻発月経は、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与えることがおおいです。

 

この先どうなるのかとても不安

もう出産報告は聞きたくない

私の大変さを誰もわかってくれない

 

など妊活中に感じるストレスを抱えてためこんでいませんか?

 

その重みに負けてしまいストレスを知らないうちに

ため込んでいたり

引きずっていたりして

ホルモンは、ストレスの影響をとてもうけやすいので

すぐにホルモンバランスをくずしてしまいます。

 

女性の身体の中では常に

 

脳 ー 卵巣 ー 子宮  

 

で情報交換をしています。

 

その情報交換をホルモンで行い、そのホルモンは血流を通して行われます。

 

生理周期を安定させるためにも

情報(ホルモン)をしっかりと受け取って正常な反応をすることが大切なんですね。

 

いまからできるストレスを溜めない2つのしあわせ習慣

歩くだけで幸せホルモンでハッピー体質に!

 

この季節だからこそはじめたい、ウォーキングのススメです。

家の中でぬくぬくしているもの良いですが

ストレスフルで引きこもりがちの体を

空気の澄んだ朝の散歩の習慣化をしてみませんか?

 

*歩いて15分ほどたつと・・・・・脳に刺激を与えるβエンドルフィンがでてきて

*そして20分を超えると・・・・・やるきホルモンのドーパミンがでて

*なんと40分以上歩くと・・・・・幸せ~なホルモンのセロトニンの分泌が活性化

するといわれているんです!

 

歩いているだけで幸せホルモンがでてきてしまうなんて

毎日でも歩きたくなりますね!

 

そして、嬉しいことに新しいアイデアがでてきたり

悩んでいる事を薄れさせる効果もあったり

卵子力もミトコンドリアが活性化されてアップしてしまうんです。

明日からでもできますので脳内ホルモンの力をかりて

ストレスレスの習慣化をはじめていきたいですね

 

アロマオイルは女性ホルモン調整に最適なんです!

 

女性ホルモンの分泌が正常に行われるためにも

ホルモン分泌の指令を出してくれる

脳に働きかける必要があります。

実はアロマを嗅ぐだけでホルモンの分泌をうながしてくれる

すばらしい効果があるんです!

 

ホルモンの司令塔は大脳の下にある視床下部ですが

アロマの香りは、嗅覚を通して0.2秒で脳へと作用して

視床下部にダイレクトに届いてしまうんです。

 

薬も届かない細胞レベルまでとどいてしまいます。

 

そして、卵の成長に欠かせないホルモン分泌や

自律神経のバランスまでととのえてくれます。

 

いままで、イライラしていた気持ちが

香りを嗅いで静まったり

いい香りを嗅ぐとうっとりした気持ちになったり

気分が変わった経験はありませんか?

 

香りが心や感情にも優しく働きかけてくれます

 

ホルモンバランスを整えるのにも

ストレスレスな日々を過ごすために

その日の疲れはその日のうちにケアする方法として

アロマセラピーは安全で中毒性もなく癒しの効果を与えてくれます。

 

香りで女性ホルモンを整える子宝アロマレシピ

□オレンジスイート

気持ちを明るくして、子宮を温めてくれます。

妊活が上手くいかずに落ち込んだときなどの時に気持ちを元気にしてくれます。

 

□イランイラン

女性ホルモンの分泌を促すセクシーな香りです。濃厚な甘い香りのイランイランは、性欲を高める媚薬としてつかわれていたのです。

排卵期などのタイミングのときにティッシュに1.2滴たらしてベットサイドにおいておくのも良いですね。

また、整理前後の憂うつな気分のときの気分解消に良いです。

 

 

□カモマイル・ローマン

ホルモンバランスを整えるのに欠かせない質の良い睡眠を促してくれます。

お休み前に子宮や卵巣を温めるアロママッサージも香りと共に体も温まりとても効果的です。

ペアマサージなどもしてアロマと共に妊活を楽しんでいきましょう!

 

▼▼あなたを独りにしない!お悩み相談はこちら▼▼

幸せな妊活を応援します!こちらもご覧ください!

LINE@(質問やお悩み相談を受け付けています)
↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。



▶もしくは「@ninkatsu-life」で検索してください
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(事務局と1対1の会話となり、他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶全国の子宝整体師紹介を希望される方は、
LINE@で、「紹介希望します」とメッセージをお送りください。
その際今のお悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。

★おすすめのプレイリスト一覧★
子宝整体師が教える子宝体操 ▶ http://urx.mobi/D4Qq

夫婦で楽しむ!妊活ペアヨガ ▶ http://urx.mobi/D4Qr

妊活中のお悩みに答える|妊活相談室 ▶ http://urx.mobi/D4Qt