排卵誘発について知っておくべき3つの方法(アンタゴニスト法・ショート法・ロング法)

ブログにお越しいただきありがとうございます。

日本妊活協会の平井です。

 

もし、あなたが体外受精に進もうか、少しでも考えているのでしたら、

アンタゴニスト法について、少し知っておくと役に立つでしょう。

 

アンタゴニスト法とは?

まず、体外受精には、ロング法・ショート法・アンタゴニスト法と言う方法があります。

ロング法とは?

長期間にわたって、ホルモン剤を投与する方法です。

そのため、薬の量も多くなり、使う期間も長くなります。

採卵予定日の前の周期から、

GnRhアゴニスト製剤を使い、自然の排卵を抑制して、

卵子を成熟させます。

 

採卵周期の3日から11日目に、卵胞刺激ホルモンを注射して、採卵をします。

 

ショート法とは?

ロング法に比べて、薬の使用量が少なくなる方法です。

GnRHアゴニスト製剤を使った直後から、ホルモンが大量に分泌される特性を生かして、

短期間で卵胞を成長させる方法です。

 

アンタゴニスト法とは?

ロング法やショート法で、あまり効果が出ない場合、この方法が選択される場合があります。

 

また、卵胞が成熟する前に排卵してしまう方の場合に、このアンタゴニスト法が選ばれる場合があります。

アンタゴニスト法では、排卵を誘発するために3日から11日くらいまでに注射を行いますが、卵胞が育つ前に排卵するのを防ぐために、排卵を抑制するアンタゴニスト製剤を投与します。

 

つまり、このアンタゴニスト法とは、ロング法やショート法で使うGnRHアゴニストを使わず、GnRHアンタゴニストを使用する方法です。

 

アゴニストは点鼻薬で、アンタゴニストは注射です。

 

アンタゴニスト法の方が即効性があり、使用期間も短いです。

 

多能法制卵胞症候群や排卵が早く起こりやすい人に向いています。

 

 

では、排卵が早く起こりやすいときどうすればいいのか?

 

卵巣機能が低下すると排卵が早く起きやすくなる

加齢により、卵巣の力が弱くなると、

脳から卵胞刺激ホルモンが多く分泌されます。

 

そうすると、排卵が予定よりも早く起こったりします。

 

なので、卵巣の力を上げる必要がある。

卵巣に、きれいな血液を送って、卵巣を細胞レベルで回復させます。

 

きれいな血液にするためには、肝臓の解毒力を上げて、

血液中の毒素をどんどん解毒して、腎臓から尿として体の外に出します。

 

便秘だと、悪玉菌が腸内に増えるので、悪玉菌が出す毒素で、血液の質が悪くなります。

そうすると、その血液が卵巣に送られると、卵巣の力が弱くなるのです。

 

なので、腸の機能を上げて、便秘を改善する必要があります。

 

これらを子宝整体などで改善して、血液の質を良くします。

そのあとは、子宮と卵巣に血流をたくさん送るために、

エクササイズなどで、血流をアップします。

 

また、

食生活が乱れていると、細胞の質が下がるので、

結果として卵巣の機能が低下して、排卵が早くなるということに繋がる場合があります。

 

具体的には、

植物性の油(サラダ油など)を取りすぎない。

トランス脂肪酸(ショートニング・マーガリン)を取りすぎない

野菜や豆類・海藻類などから、ビタミンとミネラルを多くとる。

 

これだけでも、かなり食生活は改善されます。

 

まとめ

・アンタゴニスト法とは、排卵誘発の方法のひとつ

・排卵が早く起きてしまう方に対して、排卵を抑制するために使われることがある。

・少しでも自分でできることとして、内臓の機能をアップし、食生活を改善する方法がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

3000組以上の不妊症・不育症を見てきたプロが無料プレゼントや、すでにお持ちの情報を活かした妊活法をメールでお届けします。

さらに不妊治療、妊活にまつわる最新情報をお届けします。ぜひ、ご自身の妊活に活かしてください。

メルマガが安全に登録されました。 御礼のメールを送信しておりますので、メールBOXを確認いただき、届いているかを確認ください。