急がば回れ。身体はゆるやかに変化するようにできている。

こんにちは。
日本妊活協会の頼(らい)と申します。

先日、子宝整体を受けに来られたAさんのお話を。

人工授精を結構な回数を重ね、その影響で自力での排卵がさらにできにくくなり、

排卵誘発剤のクロミットから、強制的に排卵させるhMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)へ移行したそうです。

でも結果につながらず、当然病院側からは人工授精から体外受精へステージを移すことを提案されました。

さて、Aさんは次のステージへ進むことをストップしました。

hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)とは?

hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)は排卵誘発剤の一種ですが、飲み薬であるクロミッドと異なり、注射による療法です。
自力での排卵がしにくい人に、卵胞を育てて排卵させるために行われます。
クロミッドで排卵が促されない場合に、次のステップとしてhMG-hCG療法が用いられます。

卵胞が育ち、排卵するためには、脳の下垂体から出る2つホルモンが必須です。
まず卵胞を育てるFSH(卵胞刺激ホルモン)
そして、
排卵を促すLH(黄体化ホルモン)が必要です。
ゴナドトロピンとはこの2つのホルモン(FSHとLH)のことを言います。

この2つのホルモンバランスが崩れることで、卵胞が育たなかったり、排卵しなかったりするわけです。
hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)では、このホルモンバランスを補うことで正常な排卵へと導くことが目的になります。

hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)について詳しく書くと膨大な量になるので、この辺で。

クロミッドにしろ、hMG-hCG療法にしろ、それは治療というよりは、
今その時の身体の状態に対応するための「処置」にすぎないということ。

それがいいとか悪いとかではなく、それが病院側のスタンスであり領域。

Aさんが不妊治療の続行を立ち止まったわけ

Aさんは予感がしたのです。このまま不妊治療を続けてもダメだと…

旦那さんにも言われたそうです。
「ちょっと休もうか…」と

タイミング療法がダメなら人工授精。それもダメなら体外受精へと
矢継ぎ早にエスカレーター式に進められる不妊治療に違和感を感じたそうです。

この違和感や予感って実はとっても大事。ものすごく。

私は病院で行う不妊治療を否定しません。必要な場合はやるべきだと思います。

ただ急いではいけない、と強く思います。

Aさんの一旦休む決断を僕は褒めてあげました。
自分自身が感じた違和感や予感という大切な感覚を信じたことに。

これだけ情報が溢れていては何が正しいなんてもはや誰も分からなくなっています。
あっちではこう言ってるし、こっちではこう言ってるし…
この記事もそうです。本当はhMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)について書くつもりでした。
でもhMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)について調べている人にこの記事が届いたところで
本当に役に立つのだろうか?そのこと知ったからといって何が変わるのだろうか?
効果や副作用のことを知っておしまいです。

そんなまとめ記事はどうでもよくて。
(単なる知識の羅列の情報記事にしたくないという意味です)

この妊活ライフの目的は、日本妊活協会のコアメンバー14人が持ち回りで書いています。
妊活という時間を少しでも有意義でかけがえのないものにしてほしくて書いています。
毎日不妊で悩んでいる人と向き合っているバリバリの治療家達が書いています。

話が逸れましたが、Aさんはこれまでの自分の在り方を変えようとしています。

排卵させてくれる療法にすがる姿勢に背を向けて、自力で排卵できるために自分ができることを探しに。

一度止まると書いて「正」という字になる。

不妊治療を止めるには勇気が入ります。怖いと思います。
途中で止まって大丈夫かな?と不安に苛まれると思います。
当然の気持ちだと思います。

でも一度立ち止まり、最良の道を考えた時に、自分の身体を見直すことに気づいたのです。

日本妊活協会の中野代表が、
「学ぶとは気づくこと、そして改めること」と言いました。

誠にその通りだと。

誰かに言われて流されるのではなく、自分で気づいて自分で改めることが成長につながるのだと。

自分が不妊症だと思って嘆くのではなく、この妊活という時間から何かに気づき、何を改められるか?
そこでの学びを未来の子供達へ伝えられると考えたら素敵だと思いませんか?

「一度止まることは決して間違っていないです。止まってもいいじゃないですか?一緒にやりましょうよ。」
とAさんに伝えました。

あなたの身体には可能性がたくさん詰まっていますよ。

我々がやっている子宝整体はあなた自身が持っている生命力を引き出し、
そしてあなた自身が自分の可能性に気づいてもらうことが最大の目的であり喜びです。

今出ている症状は身体からのクレームです。
排卵できないのも、卵が分割しないもの、基礎体温が乱れるのも、すべて身体からのクレームです。

普段の食生活(食べ物)、これまでの身体の使い方(運動)、心のもちよう(ストレス)が
身体に蓄積された結果が症状として身体に表れてくるのです。

クレームはねじ伏せたり、なかったことにして蓋をしたりしたら余計に事態は悪化しますよね?

身体も同じです。

ねじ伏せない。蓋をしない。

向き合ってください。時間をかけて。

土を丹念に耕して種をまき、水や肥料を与え、太陽の光、声をかけ、時間をかける。

身体も畑も同じ。ゆるやかに成長するようにできているのです。

手間をかけて育てましょう。急がば回れです。

子宝体操「しゃがんでフリフリ体操」の動画です。

長々と綴ってしまいましたが、最後に日本妊活協会がおすすめする子宝体操の動画をお送ります。

「しゃがんでフリフリ体操」は固くなった股関節をしなやかにすることで、
子宮や卵巣への血流を促進します。
冷え性や生理痛や生理不順などでお悩みの方は是非トライです!

日本妊活協会
みきじろう整体
頼 幹二郎(らい みきじろう)

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

3000組以上の不妊症・不育症を見てきたプロが無料プレゼントや、すでにお持ちの情報を活かした妊活法をメールでお届けします。

さらに不妊治療、妊活にまつわる最新情報をお届けします。ぜひ、ご自身の妊活に活かしてください。

メルマガが安全に登録されました。 御礼のメールを送信しておりますので、メールBOXを確認いただき、届いているかを確認ください。