子宮内膜症改善のための選択肢

こんにちは!

日本妊活協会の山下です。

今日は「子宮内膜症改善のための選択肢」についてお話しします。

妊活中関係なく、今では女性10人に1人が子宮内膜症ともいわれています。

子宮内膜症と言われたら妊娠出来ないのか?

そもそも子宮内膜症と言われたけどどうしたらいいのかわからない。

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

子宮内膜症と不妊

不妊治療をしている方でも多くみられるのが子宮内膜症です。

子宮内膜症とは子宮の中にあるはずの子宮内膜が子宮以外で出来ることを言います。

何もなければ月経(生理)の時に古くなった子宮内膜は外へ排泄されます。

なぜできるのか?

今のところはっきりとした原因はわかっていません。

何らかの問題で月経血が残ってしまい、それらが逆流することで卵管や卵巣、直腸といったところに子宮内膜やそれに似た組織が出来てしまうことがあります。

また、子宮の機能が低下して何らかの形で子孫を繁栄させようとした結果、子宮以外のところに出来てしまうとも考えられます。

子宮外妊娠もこういったことから考えられます。

体に何が起こっているのか?

本来子宮の中に作りたい内膜が外に出来るということは異所性のものといえますよね。

本来であれば異所性のものを作らせないように体の免疫機能であったり代謝機能が働くことで作らせないのですが、免疫・代謝の機能が低下していると子宮内膜症といった子宮以外のところに内膜を作るケースがあります。

不妊との関係

軽い症状であれば妊娠に影響はありません。

しかし、卵管に出来て炎症を起こし卵管を詰まらせる可能性もあります。

また、異所性のものが出来るということは免疫・代謝機能が低下していますので、妊娠以前に体調を崩したりあらゆる症状が起こることにもなります。

そうなると妊娠しにくい状態になってしまうことがあります。

病院での対応

病院では薬物療法か手術療法が選択されます。

妊娠を希望していない方は薬物療法を行うことがあり、妊活中の方は手術療法を行うことが多いです。

薬物療法は主にピルを使用します。

ピルとは

ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。

この女性ホルモンを用いて、ホルモンの司令塔である脳をダマし子宮内膜症の軽減や進行を防いでいます。

女性ホルモンと脳の関係と働き

女性ホルモンは卵巣から出るホルモンです。

卵巣や子宮が脳と連絡を取り合うことで高温期や低温期、排卵といった生理周期を作っています。

エストロゲンは主に卵を成長させる役割と内膜を厚くしてふかふかなベッドの準備をします。

プロゲステロンは育った卵(排卵した卵)を着床しやすいように導くような役割と体温をアップしてあたたかい部屋を用意します。

脳ではエストロゲンに卵を育てるよう支持をするFSH(卵胞刺激ホルモン)と卵が育ったことを確認して排卵させようとするLH(黄体形成ホルモン)がでます。

ピルを使用するとどうなるのか?

ピルを使用することによって女性ホルモンがすでに体内にあるため、脳からでるFSHもLHも必要ないと判断してホルモンを出さなくなります。

FSHの命令がないとエストロゲンも働かなくていいと思い仕事をさぼります。

卵を育てようとしないまたは、内膜を作らなくていいとなります。

この内膜を作らなくていいとなった状態を利用することで子宮内膜の増殖を防ぎ軽減させます。

しかし、妊娠しやすい状態というのは内膜が9ミリ以上といわれています。

ピルを使用することで内膜が薄くなることから妊活中の方には不向きな方法です。

妊活中の方に不向きな理由はもう一つあります。

ピルによって作られたプロゲステロンを脳が感知してすでに温かい部屋が用意されてると勘違いして排卵させなくてもいいと判断します。

排卵がないと妊娠もしません。ですので、妊娠には不向きなんです。

妊活中でなくても長期間の使用は避けてください。

妊娠を望むのであれば子宮内膜症の改善には手術しかないのか?

病院では妊娠を望むのであれば手術によって子宮以外に作られていまった内膜を摘出する方法を選択することが多いです。

しかし、手術以外の方法もあります!

それが整体です!

整体と子宮内膜症

子宮内膜症は子宮以外に内膜が出来ることでしたよね。いわゆる異所性のもの。

異所性のものが出来る時の体は免疫・代謝機能が低下した状態です。

この免疫や代謝機能は内臓が作り出した働きです。

臓器でいうと肝臓や脾臓、腸の機能が主になります。整体ではこれらの内臓機能を上げることが出来ます。

整体で免疫・代謝機能を上げることで異所性の内膜や炎症を軽減し、生理という排泄も上手く行えるようにもなり、子宮内にちゃんと内膜を作れるような身体になります。

こうして体が整うことで妊娠しやすい体へとなっていきます。

 

いつでもどこでも出来る内臓機能アップ法

内臓は副交感神経といってリラックスする神経に支配されています。

ですので、リラックスすることがポイントです。

内容は何でもいいです。

お風呂に浸かる、本を読む、友達とおしゃべりをする、大声を出す等、あなたのリラックスできることや時間を作ることをお勧めします。

深呼吸をしよう!!

リラックスする方法がなかんか思い浮かばない、時間がないという方は深呼吸しましょう!!

深呼吸ならいつでもどこでも出来ますよね。

ゆっくりと体全体に空気を取り込むようにして、ゆっくり吐きましょう。

ゆっくりとした呼吸は副交感神経を優位に出来ます。

そして体に酸素が入るので細胞も働きやすくなります。

眠くなった時って頭が働かなくてあくびが出ませんか?

あくびは脳が酸素不足だというサインです。

ですので、あくびをすることで酸素を取り入れて脳を働かせようとします。

深呼吸によって酸素を取り込むことは細胞を活性化して体にとてもいいことなんですよ。

でも深呼吸すると肩に力が入ってしまう方いますよね。

体の状態が本当にいいといえる方は深呼吸でもリラックスして気持ちよくできるはずです。

深呼吸の仕方も健康状態の指標になります。

 

▼▼あなたを独りにしない!お悩み相談はこちら▼▼

幸せな妊活を応援します!こちらもご覧ください!

LINE@(質問やお悩み相談を受け付けています)
↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。



▶もしくは「@ninkatsu-life」で検索してください
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(事務局と1対1の会話となり、他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶全国の子宝整体師紹介を希望される方は、
LINE@で、「紹介希望します」とメッセージをお送りください。
その際今のお悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。

★おすすめのプレイリスト一覧★
子宝整体師が教える子宝体操 ▶ http://urx.mobi/D4Qq

夫婦で楽しむ!妊活ペアヨガ ▶ http://urx.mobi/D4Qr

妊活中のお悩みに答える|妊活相談室 ▶ http://urx.mobi/D4Qt