子宮からSOS!?子宮頸がんのトリセツ

子宮頸がんの背景

子宮の入り口を頸部(けいぶ)と呼びます。
この入り口で発生したがんを子宮頸ガンといいます。

入口で発生するので、比較的発見されやすいがんです。
乳がんの次に発症しやすガンと言われていますが早期に発見すれば治療もしやいですが、
進行すればするほど治療は難しいと言われています。

治療法

【西洋医学編】

がん細胞を切除する外科手術や、
抗がん剤治療、放射線治療など
がん細胞を体から摘出します。

摘出手術の際に、
子宮本体を残せれば十分に可能です。

【東洋医学編】

東洋医学ではエネルギー治療や整体などで、自律神経を整えます。

がん細胞自体はとても弱く、
体内をアルカリ性に保っていれば増殖しないと考えられていますので、
食事療法と並行してエネルギーや整体にチャレンジします。

いきなり現れたガンを体から抹消する!といよりかは、
細胞が、がん細胞へと進化した背景を考え
突き止めて、全身の機能のメンテナンスをします。

妊娠についても改善すれば問題はないでしょう。

対策

初期の段階では全く症状がありませんが、普段と違うおりものが出る、
性交渉の後に出血がある月経量の変化、周期が大きく変化したり、
心配であれば定期的に、検査を受けてみることが大切です。

東洋医学では子宮以外の異常でも自律神経と内臓器系がポイントなので、
食生活や生活習慣を無理のない程度に、
良質なものに変えられるように心がけてみることです。

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

3000組以上の不妊症・不育症を見てきたプロが無料プレゼントや、すでにお持ちの情報を活かした妊活法をメールでお届けします。

さらに不妊治療、妊活にまつわる最新情報をお届けします。ぜひ、ご自身の妊活に活かしてください。

メルマガが安全に登録されました。 御礼のメールを送信しておりますので、メールBOXを確認いただき、届いているかを確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

日本妊活協会

【妊活アドバイザー】 一般社団法人日本妊活協会です。 「妊活を知りたい、取り組みたい」「だけど、情報が有りすぎて困ってしまう」という声にこたえるために、不妊治療・妊活のプロと一緒に専門的な情報を分かりやすくしながら提供していきます♪