妊活中に子宮内膜症と言われたら

こんにちは、日本妊活協会の三村です。
私の整体院に来られた方が、病院で子宮内膜症といわれたそうです。
妊活中の方で、子宮内膜症っていわれる方多いですね。

中には内膜症があるから、妊娠できないのかもしれないと悩んでいる方も。
主治医の先生に、「大丈夫、気にしなくていいよ」と言われても、やっぱりどうしても気になるものです。

そこで今日は、これを読んでくれているあなたの不安を解消できるように、
・子宮内膜症とはどんなもの?
・病院ではどんなことするのか
・ご自分でできること、気を付けること
・整体院でできること

など、説明が多くて難しくなるかもしれませんが、できるだけわかりやすくお伝えできたらと思います。

子宮内膜症ってどんなもの?

そもそもどんなものなのか、お話ししますね。
子宮内膜症とは、本当なら子宮の中にある「子宮内膜」が「子宮以外の場所」にできてしまういうものです。
卵巣や卵管の場所にもできる病気です。

年齢は関係あるのか?

20〜30歳代の女性で発症しやすいといわれていますが、
最近では10代で発症する方もいるそうです。

症状としては重い生理痛や、腰痛、下腹部痛、性交痛などの痛みと不妊があげられます。
痛みを強く感じる方は、婦人科で診てもらってもいいかもしれませんね。

では、内膜症になってしまうのは何故でしょうか?

・なんで子宮内膜症になるの?

実は今現在、原因がはっきりわかっていません。
悩んでいる人はたくさんいるのに、原因不明なのは困ったものですが、
一般的に言われている仮説としては、

「月経血が逆流してしまうことのが原因」といわれています。
ちなみに、どんな人がなりやすいのかは、
医療機関での研究結果により傾向がわかってきているようです。

子宮内膜症になりやすい人とは

研究によると、

「20代~30代の人」
「不妊症の方」
「家族に内膜症の人がいる場合」
「生理周期が28日より短い人」
「生理が長く続く人」
「タンポンを長期間使っている人」

などは、なりやすいのだとか。

とはいえ、これも必ずではありませんし、なんでなりやすい原因なのか、はっきりしないものもあるみたいですね。

こんなところが、子宮内膜症とは?というお話です。
では、内膜症といわれたら、どんな治療をするのか。

 

・病院での対処

一般には、子宮内膜症があれば、病院で治療することになります。
治療法としては・手術・ホルモン療法(偽閉経療法)。

不妊症の場合は、ホルモン療法よりも、増えた内膜をとり除く手術をすすめられます。

しかし、内膜症は「進行性」と言われています、
これは取り除いてもしばらく時間がたつとまた元に戻ってしまうころも多いようです。
ホルモン療法の場合には「偽閉経療法」とゆう治療効果が高いとされています。

 

病院でおこなう偽閉経療法

病院で進められたという方も多いので、ここで「偽閉経療法」について、お話しします。
偽閉経療法、あまり聞きなれない名前かもしれませんが、簡単に言うと、

閉経したのと同じ状態になるように、
女性ホルモン(エストロゲン)の働きを抑えることで、内膜症を治していく方法です。

治療の際には、
「GnRHアゴニスト製剤」と呼ばれるホルモン剤を使います。
GnRHアゴニスト製剤は、効果が高いといわれている反面、副作用も強く出やすいです。

副作用について

閉経したときと同じホルモンの状態になるので、
いわゆる「更年期」の時に出てくる症状が副作用としてみられます。

具体的には、のぼせたりほてったり、動悸やめまい、頭痛、肩こり腰痛、
イライラしやすくなったり落ち込んだり。
また、骨密度が低下したりなども起こりえますので注意が必要です。

そして、この偽閉経療法はホルモン剤の作用も強いため、
治療期間は6か月とされています。

その後はしばらく治療はお休みして体の負担を軽くしないといけません。

しかし。実はこのお休みしている期間に、
女性ホルモンが元のように働き始めると、
子宮内膜症が再発することが多いんです。

これはなぜか?というと

薬では抑えたけど、やめたら元に戻っちゃうんですね。
ツライ副作用も頑張って乗り越えたのに、また内膜症になるなんて…
それでは心もつらくなってしまいますよね。こうしてみると、
決して薬や手術が悪いわけではありませんが、本当の意味で解決するには、体質を変える方がいいのではないかと私は考えています。

子宮内膜症を予防、治すための3つのポイント

体質ってなにを変えたらいいの?と思うかもしれませんが、
整体師の目線からアドバイスできる体質改善のポイントとすれば、

・月経の質を改善する
・生理周期を整える
・免疫力をあげる

の、3つのことが特に大事になってきます。

月経の質を改善するとで、月経が長すぎたり、生理周期が短いという問題を解消できますが、そのためにはまず、
排せつがうまくできるように体を整えること。

便秘などの「排せつ」する働きがうまくできないと、内臓が下がり、子宮に負担をかけます。
また、いらないものを外に捨てられないので、
体の毒素がたまりやすくなり、内臓が元気に働かなくなってしまうんです。

なので、まずはいらなくなった毒素を、外に出せるようにし、便秘を改善して、子宮や内臓の働きを元の状態に戻すこと。
そのために、食生活の見直しをしたり、骨盤や腰の整体を受けたり、自宅で体操をしたり、体をあたためたりがおすすめです。

ストレスも排せつできるようになると、自律神経のバランスも整いますから、いいかもしれませんね。
特に妊活の方、内膜症も治療しないといけないけど、妊活もしたい、どうしたらいいんだろう…と、
悩んでいる方もいると思います。

とはいっても、「まったく気にしない」とか「ストレスを感じないようにする!」とかってのは、なかなか難しいとですよね。

それよりも時には「ほっとするような時間」を作ることの方がいいと私は思います。
それと、内膜症に効果があると言われている漢方も紹介しておきます。

【桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)】
生理不順、月経異常、生理痛、更年期障害、めまい、むくみなどに効果があるとされています。

【芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)】
子宮など内臓の平滑筋、あるいは手足の筋肉の緊張をゆるめて痛みをやわらげます。
とくに、差し込むような急激な痛みにも鎮痛作用が期待されます。

【当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)】
不妊症、貧血、手足の冷え、生理不順、生理痛、更年期障害など、さまざまな婦人病に効果があるとされています
血行をよくして体をあたためたり、ホルモンバランスを整える効果もあり、幅広く使われています。
こうして考えてみると、できることはたくさんありそうです。
病院での手術、ホルモン剤による治療、体質改善のための食事や整体など。

どれを選択するのか、内膜症で悩んでいる方それぞれ違うと思いますが、もし、あなたが妊活中で、赤ちゃんを授かりたいと思っているのであれば、私は体質改善をしていくのが良いのではないか思います。

内膜症の原因になっているものは、不妊症の原因であるともいえます。
「妊娠すれば内膜症治るよ」と病院で言われる方もいますからね。

それに、偽閉経療法などのホルモン剤を使う治療は、
それだけに6か月もかかってしまいます。
実際妊活中の方で、その6か月というのが、もったいないと感じて、ホルモン剤
なので、緊急に手術をしないといけないような場合は別ですが、まずは体質を改善してみませんか?

便秘の改善や月経の質、生理不順の解消は、妊娠しやすい体づくりにも大切なことです。
まずは、体を整えてみてください。子宮内膜症も不妊も、きっとよくなりますよ。
妊活にお困りの人が登録した後に赤ちゃんに合えるようになるメルマガはこちら

日本妊活協会

骨盤矯正ラボ

三村

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

3000組以上の不妊症・不育症を見てきたプロが無料プレゼントや、すでにお持ちの情報を活かした妊活法をメールでお届けします。

さらに不妊治療、妊活にまつわる最新情報をお届けします。ぜひ、ご自身の妊活に活かしてください。

メルマガが安全に登録されました。 御礼のメールを送信しておりますので、メールBOXを確認いただき、届いているかを確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

三村大輔先生

【骨盤矯正ラボ】 骨盤矯正によって、妊活のための体質改善、肩こり腰痛の施術、 産後の骨盤矯正の施術をしている治療院です。当院の施術は、根 本的な体の改善を目指しています。そのためにしっかりとカウ ンセリングを行い、痛みの原因となる場所を見つけだし、根本か らの改善を患者様と一緒に、二人三脚で目指していく治療院で す。