【不妊体質とストレスの関係】

ストレスは妊活にも良くないってよく聞きますよね。

この理由ってご存知ですか?

いろいろな面から説明ができますが、
今回は抗ストレスに一番活躍してくれる、
腎臓の上にある副腎という臓器についてです。

副腎の役割は大きく2つあり、
一つはストレスに対抗するための血圧、血糖値のコントロール
などで、もう一つは性ホルモンの分泌です。

精神的なストレスや腸内環境の悪化(慢性的な炎症)などに
よる肉体的なストレスが続くと、副腎は性ホルモンの分泌よりも
ストレスに対抗するためのホルモンの分泌を優先します。

そうすると性ホルモンの分泌の乱れ、卵巣の機能への影響
なども出てきますので、当然生理不順などにも関係してくるので、妊娠しにくい体質になります。

基礎体温表なんかではグラフがガタガタだったり、
周期が乱れていたりするのは副腎の働きが
弱っているせいかもしれませんね。

それほど単純ではないにせよ、

ストレス→副腎疲労→生理不順→妊娠しにくい

と、なっているかもしれません。

精神的なストレスは、
人と自分を分ける境界線の問題だったり、
自己愛や自己犠牲がテーマだったりします。

人によってテーマは様々ですが、
やはり自己愛、自己肯定感はとても大事ですので、
まずは評価や比較から離れて「自分は自分でいい、そのままの自分でいいんだ」ていうことを承認してあげてください。

体については、腸内環境の悪化による腸内の炎症が
副腎疲労の原因になっているケースも多々ありますので、

まずは腸内環境を悪くするものを避けることから
始めることをお勧めします。

腸内環境を悪くするものとは、
・砂糖や人工甘味料(ジュースやチョコ、クッキーなど)
・カフェイン(コーヒーや紅茶)
・乳製品
・食品添加物
・お酒、タバコ
・不要な薬

など、挙げればきりがありませんが、
絶対口にしないと頑張るのではなくて、

それらも妊活に悪影響を及ぼす可能性があるということ
だけでも、頭に入れておくといいと思います。

以上、「ストレスと妊活」についてでした。

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

「最新情報やプレゼントをお届けしています」

3000組以上の不妊症・不育症を見てきたプロが無料プレゼントや、すでにお持ちの情報を活かした妊活法をメールでお届けします。

さらに不妊治療、妊活にまつわる最新情報をお届けします。ぜひ、ご自身の妊活に活かしてください。

メルマガが安全に登録されました。 御礼のメールを送信しておりますので、メールBOXを確認いただき、届いているかを確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤晃央先生

【こころカイロプラティック】 「冷えや生理痛なども改善され、体調も良くなりついに妊娠できました。来て本当に良かったです」という声を頂いている子供や女性も安心して施術を受けられる治療院です。同じ「不妊症」といっても、人の体も心も様々ですので、決して決めつけたりはせず、よくお話を聞かせて頂きながらしっかりとサポートをさせて 頂きます。もし不妊症で悩んでいたり、子供をより健康な状態で 出産することに関心がありましたら、お気軽にご連絡下さい。